食育と食の安全カテゴリの記事一覧

有機JASマーク

有機JASマークってご存知ですか?

どのような作物にこの有機JASマークがつけられているのでしょうか?

農林水産省では2001年4月以降、JAS規格を定め、規格をクリアしていると認定されたものに有機JASマークをつけ、「オーガニック」「有機」の表示を許可してきました。

では、「オーガニック」「有機」の認証を受けるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。

まず、最初に行わなければならないのが土作りです。
作物は土から栄養を吸収して育つので、よい土でなければ良質な作物は育ちませんね。
そこで、2年以上(多年生植物の場合は3年以上)化学的に合成された肥料や農薬を使わず、わらや落ち葉などを腐食させた肥料(堆肥)を使って土を健康な状態に戻します。

次に生産者は農林水産大臣から許可を受けた登録認定機関に認定の申請をします。
登録認定機関は作物を育てる土壌や水の分析、空気環境測定、3年以上わたる記録の確認など、現地で生産や管理の方法を直接調査し、すべてがクリアされた時に初めて認定を行います。

もちろん、登録認定機関はその後も定期的に実地調査を行い、認定基準を満たしているかどうかの観察を行います。

こんな風に2〜3年もかけて土作りから行っている「オーガニック」作物。
価格に反映してしまうのもいたしかたないのかな?と思ってしましますね。

オーガニックとは

オーガニックって?

耳にしたことはあっても果たして人に「オーガニックって、何?」と聞かれたら正確に答えられますか?
なかなかうまく説明できないですよね。

最近、日本でもこのオーガニックってという言葉が浸透してきたようです。
オーガニックってとは、「完全有機」という意味の言葉で、遺伝子組換え植物などを使わない「有機肥料・無農薬」の栽培法を意味しています。

有機肥料・無農薬栽培は簡単にいえば、化学肥料や化学農薬などを使わず、自然の生態系に配慮して行う栽培法。
例えて言えば、昔の日本の農業は、オーガニック(有機肥料・無農薬)栽培だったんですね。
それが、作物の早期育成や大量生産を目的とする近代農業へ移り、化学肥料や農薬が使われるようになったのでした。

自然にやさしいオーガニックの運動は、ドイツに始まりヨーロッパ全土、アメリカへと広がっていきました。
日本では、1992年になって農作物の表示ガイドラインが制定されましたが、強制力がなかったために不適切な表示例が数多く見られました。
農薬を使用していても「有機野菜」などと表示されることもあったようです。

このような混乱を解消するために農林水産省ではJAS規格を定め、2001年4月以降、規格をクリアしていると認定されたものいは有機JASマークをつけ、それ以外のものは、「オーガニック」「有機」の表示をしてはならないと定めました。

魚の安全性

食育の中に
「安全な食品を見分けて自分を守る力を養うこと」
という大きな柱があります。

食の安全はいまや大きな問題になりつつありますね。
そこで、安全な食品を見分ける目を子供のころから養っていかなくてはなりません。
魚は、体にいいのでたくさん食べるといいのですが、実は食べ過ぎるとよくない魚もあるんです。

えっ?!と思われたかtも多いのではないでしょうか?
そう、その魚とは・・・
日本人の大好きなマグロ類なんです。
え〜〜〜?
マグロ好きの方はちょっとショックですよね?!
なぜマグロを食べ過ぎると良くないのでしょうか?
それは、メチル水銀が多く含まれるからなんです。
自然界には元々天然由来のメチル水銀があります。
海水には火山活動の影響などで、もとから水銀がごく微量含まれているんですね。
これが、プランクトンに取り込まれてメチル水銀になり、プランクトンを食べた小魚が、より大きな魚に食べられ、食物連鎖によって次第に濃縮され、マグロなどの大型魚では水銀の濃度が高くなるのです。

じゃあ、マグロ類は食べてはいけないの?
いいえ、そんなことはありません。
食べる量を守っていればほぼ体に影響はありません。
魚には、こういった害よりも生活習慣病の予防などに役立つ栄養素が豊富に含まれているのでぜひ、マグロも摂取量を守って積極的に取っていきましょう。

<摂取量の目安>
マグロ類などの比較的メチル水銀濃度の高い魚
◎週2回以内(100〜200g以下)が望ましい。

※妊婦や幼児においてはその半分程度に控える。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。