知っておきたい栄養素

食育において、是非知っておいていただきたい栄養素とその役割をご紹介します。

●亜鉛(あえん)
亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要で、皮膚や粘膜の健康維持を助け、さらには、タンパク質・核酸の代謝に関与して健康の維持に役立ちます。

亜鉛を多く含む食品。
カキ、牛肉、納豆 など。
aen.jpg

最近、味覚障害になる人が増えているという話を聞きます。
これは、亜鉛が極端に不足した状態からなることが多いようです。
亜鉛をとるときは、出来るだけ他のミネラルとバランスよく取ること、また、カルシウムを必要以上に多く取り過ぎると亜鉛の吸収を阻害することもあるので注意が必要です。
気をつけたいですね。


●カルシウム

骨や歯の形成に必要です。

カルシウムを多く含む食品。
牛乳、煮干しなどの小魚、水菜 など。
cal.jpg

豆類・イモ類などのフィラチン酸や、ホウレンソウ・里芋などのシュウ酸は、カルシウムの吸収を阻害するので大量に一緒に取らないよう注意が必要です。

逆にビタミンC、D、クエン酸などは一緒に取ることによってカルシウムの吸収率がアップするので積極的に取ることをおススメします。


●鉄
血(赤血球)を作るのに必要。

鉄を多く含む食品。
あさり、豚レバー、ひじき など。
tetu.jpg

お茶やコーヒーなどのタンニンを含むものは、一緒に取ると鉄の吸収を阻害するので注意が必要です。

逆にビタミンCやたんぱく質は吸収率がアップするので積極的に取りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。