お寿司の語源

Q.お寿司の語源とは?

A.お寿司(すし)の語源は、「すっぱい」を意味する形容詞「すし(酸し)」から来たと言われています。

また、この「すし」の漢字には、寿司、鮨、鮓…などがありますが、
「鮓」は塩や糠(ぬか)などに漬けた魚や、発酵させた米に魚を漬け込んだ保存食を意味したことから、「すし」の漢字として最も適切な字であるようです。

現代で多く使用されている「寿司」の字は、江戸末期に作られた当て字と言われ、「寿を司る(つかさどる)」という縁起担ぎの意味があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。