食事バランスガイド

『食事バランスガイド』ってご存知ですか?

農林水産省のホームページにその図が掲載されています。

blance-guide.jpg

『食事バランスガイド』とは、一日に"何を""どれだけ"食べたらよいかをイラストで示したものです。
上記のイラストを参照してください。

・ご飯を中心とした主食
・野菜をはじめとする副菜
・肉や野菜などの主菜

たくさん食べることが望ましい順に並んでいます。
まるで、逆ピラミッドのようですね。

食習慣の偏りは、なかなか気づけないものです。
みなさんはバランスの良い食生活を送っていますか?
改めてそう聞かれると何を基準に考えたらよいか分からないものですね。
食習慣は、十人十色。
特に家庭内の食事は外部からは見えにくく、自分では当たり前になっていることも一歩外に出ると当り前ではなかったということもよくあるのです。

食事の基準は各家庭、個人で意外に大きな差があるもの。
毎日ちゃんと食べているつもりが、実は食べ過ぎだったり、栄養バランスもよくなかったり。

1日3回食事をするとして、10年間で食べる回数は、10,000回以上。
特に育ち盛りの子供たちにとってその10,000回以上の食事の中身が、心身の成長にどれほど影響を与えることか・・・あなたには想像できますか?

毎日の食事のバランスがちゃんととれているかどうかが気になったら、ぜひ一度、この『食事バランスガイド』を使って見直してみることをお勧めしますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。