お箸使いのマナー

お箸づかいのマナーでぜひ知っておいていただきたいのが「きらい箸」
「きらい箸」とは、お箸を使う上での禁止事項・タブー・マナー違反のことです。

代表的な「きらい箸」をあげてみました。
普段何気なくやってしまわないように気をつけたいものです。

<きらい箸>

●迷い箸
どの料理にしようかと、お箸を料理の上であちこち動かすこと。

●移り箸
いったん、おかずに箸をつけようとして他のおかずに変えること。

●揃え箸
箸先を下や唇の上で揃えたり、膳の上や食器の上で揃えたりすること。

●渡し箸
食事の途中、お箸を食器の上に渡しておくこと。
これは、「もういりません」という意味になります。

●拾い箸
お箸とお箸で食べ物を受け渡しすること。
葬儀の際、お骨をお箸で受け渡しするのを思い起こさせるので絶対にやめましょう。

●涙箸
箸先から汁をたらすこと。
見苦しいだけでなく品位を疑われてしまうので注意しましょう。

●かき箸
茶碗や器の縁に直接口をあてて、料理をかきこむように食べること。

●せせり箸
お箸を爪楊枝の代わりに使うこと。

●差し箸
お料理にお箸を櫛のように刺して食べること。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。