汚染米は食べても大丈夫?

今回、食品に流用された汚染米は、農薬とカビ毒に汚染されていました。

農薬の摂取量を試算すると一日の許容摂取量よりかなり少なく、健康上問題はないとされています。

しかし、カビ毒(アフラトキシン)については強い発がん性を持っている為、食品に残留する場合は、100%安全であるとは言い切れません。

ただ、今回のような場合は、汚染米の流用が分かった焼酎など蒸留工程があるのでほとんど焼酎自体には移行されていないと考えられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。