環境ホルモンの危険性

環境ホルモンを避けるには、次のようなことに注意が必要です。

〇プラスチック容器で食品を長期保存しない。

〇プラスチック容器に熱い料理を入れない。

〇レンジで温めるときは、プラスチック容器から耐熱容器に移し替える。

〇農薬や食品添加物の少ない食品を選ぶ。

〇緑黄色野菜、食物繊維を多くとる。

〇室内の化学物質を家の中にとどめないように、まめに換気を行う。

〇殺虫スプレーなどの使用はできるだけ控える。また、使用後は換気を行う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。