予防原則

予防原則とは、化学物質などが重大な悪影響を及ぼす可能性がある時、データが不十分であっても対策を取るという考え方のことです。

北欧で始まったこの予防原則は、EU(欧州連合)にもとりいれられて、化学物質についての厳しい規則などに具体的に記されています。

環境ホルモンを避けるには、この予防原則にのっとって、疑わしい物質を含む製品を出来るだけ避けることです。

また、健康な身体は、環境ホルモンの影響も受けにくいはずですので、普段から、バランスのとれた食生活、適度な運動、休養など健康づくりの基本となる規則正しい生活を心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。