大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている成分です。

大豆は良質なたんぱく質やミネラルなどを豊富に含んでいる食品ですが、毎日食べ続ける場合、1日に摂取する目安として70〜75mgが妥当だと言われています。

健康食品(サプリメント)などから大豆イソフラボンをとりすぎてしまうことがありますが、それは要注意です。

特に妊婦や生殖機能が未発達な15歳未満の子供等は、食品以外で取ることはあまりお勧めできません。

大豆イソフラボンを大量に摂取することによって、ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあるからです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。