環境ホルモン

環境ホルモンとは、妊娠中に胎児の身体が作られる過程で、大切な働きをするホルモンの作用を妨害し、胎児の成長に影響を及ぼす恐れがあるとされる化学物質です。

妊婦や幼児が環境ホルモンにさらされると、発がん性、催奇形性、神経・免疫・生殖などの発達に影響がでる心配があります。

ごくわずかな量でも重大な影響が出る可能性がありますので注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。