食生活の改善

最近、食生活の乱れた人がとても多いように思います。

特に若者〜子供が目立っていますね。
食育を通して、食生活の改善を行ってみませんか?
好き嫌いの多いお子さんもきっとこの方法で好き嫌いが少なくなると思います。

難しい方法ではなく、基本的な簡単なことばかりです。
まずは、ひとつずつ実践してみましょう。

1.飲み物は、水、またはお茶。

成長期の子供たちは、代謝が激しいので、飲み物の選択はとても大切です。
水分を補給することが目的なので、カロリーのない飲み物が理想的。
ジュースなどの甘い飲み物は、虫歯になるばかりでなく、満腹感があるのでご飯を食べなくなる原因にもなりますね。

2.朝ごはんを食べる。

当たり前のことですが、最近は、この朝食を食べない人がとても多いようです。
時間がないから・・・という理由が多いのですが、朝ごはんはとても大切です。
出来れば、パンよりご飯をお勧めします。
時間のないときは、前の晩におにぎりなどを作っておくといいですね。

3.おやつも大切な食事の一つ。

子どもにとってのおやつは、4回目の食事と考えてもいいでしょう。
ただし、スナック菓子や清涼飲料水ばかりは、あまりお勧めできません。
出来れば手作りのものが良いのですが、なかなかそこまで手間はかけられませんね。
穀類、イモ類で簡単にできる焼き芋などの冷凍食品を利用してみてはいかがでしょうか?

4.ラーメン、ピザ、ハンバーガーなどはとりすぎない。

現代の若者は、このような食事が多いですよね。
これは、あまりいい傾向にあるとは言えません。
上記のような油型の主食はなるべく週1〜2回に抑えるようにします。


これら4つを実践するだけでもきっとお子様の食生活は改善されてきます。
子供のうちに、しっかりとした食生活の習慣を身につけて欲しいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。